趣味と実益、お気楽プログラミング


お気楽プログラミングの話<#3>です。

仕事の効率化の自己満足で飽き足りなくなったら他の人に使ってもらうこともできます。
何にしても自分で作ったものを人に見てもらい、フィードバックをもらうことは楽しいものです。
プログラミングも同じです。
フリーウエアはもちろんタダですが、シェアウエアならお代を頂くことも可能です。
ゲームなどの人気ソフトを作成して販売することもできます。
う~ん、PC用のアプリでお金を払ってまで手に入れたいものを作るのは至難の技かも。
そんな中、有望なのはスマートフォン、話題のAndroid端末向けのアプリみたいです。
AndroidマーケットはiPhone用のApp Storeと違い、作品を販売するためのハードルは高くないようです。
アプリケーション開発はJavaで行い、開発環境は無償で入手できます。
Javaはバリバリのオブジェクト指向プログラミング言語なのでお気楽ではありませんが、今後も主流であることは間違いありません。
ものにして損はありません。
C言語より習得しやすいとも言われるし・・・
そのときは管理人を指導して下さい!

なお、iPhone/iPadアプリ開発(※)は下段参照。
タダが当然的なネット社会、お金を払っても使いたいヒット作品を生み出すのはこちらも同様、至難の業。
また、斬新なアイデアのビジネスモデルを世の中の大勢の人が探しています。
しかし、純粋に自分だけのスマホやAndroidタブレット端末・アプリ作りも楽しいと思いませんか?
前にも書いたように、管理人は趣味の領域でやりたいと思います。

※iPhone/iPadアプリ開発:
一方のiPhone/iPadアプリ開発にはMac端末が必要みたいです。
以前、管理人は仕事でMacを使っていたのでその良さは知っていますが、所有していないので調達の必要があります。
また、Objective-CというC言語を基にしたオブジェクト指向言語を使用します。
iPad2のリリースでこちらも捨てがたい

★過去ログ
<#1>良いプレーをまねしよう
<#2>これを選びました

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です