BSアナログ放送終了後の手続き



パラボラはお休み中の共同受信設備


屋根にアンテナなく好景観

先日の7月24日、BSアナログ放送の電波も止まりました。
管理人は共同受信のケーブル経由でテレビ放送を受信しています。
(この団地の入居規約にあるため)
この共同受信設備はBSデジタル放送の中継ができません。
組合の説明によると各戸に配線している同軸ケーブルでは伝送帯域が足りないそうです。
光ファイバケーブルに張り替える必要があるが、費用の面で折り合いが付きませんでした。
必要なら各戸でパラボラアンテナを付けることになっています。
行政からの更改費用の補助の仕組みもあったそうですが、こちらのケースでは設備の老朽化による故障が頻発!
随分前に地デジ化対応の機器に更改していました
いずれにせよ、NHKとの衛星受信契約をしていたので変更の手続きをしました。
管理人の場合はBSアナログ放送は殆ど見ることはありませんでしたので助かります。
NHKとは各戸の個別の契約ですので、組合が手続きすることはありません。
しかし、詳しくない住民も多いと想定されるので手続きの案内はやってもらいたいものです。
NHK受信契約のうんぬんにはスレッドがいくつも立ちそうですが、管理人の所掌範囲ではないのでここまで。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です