消えるまちの本屋


まちの小さな本屋が消えています。
ショッピングセンター内の大型書店やある程度の規模のチェーン店だけが残ってしまいそうです。
出版物のサイクルは短く、新刊が続々!
リアルな店舗では実物を置かなくてはならないのでどうしても大きなスペースが必要となります。
必要なら取り寄せることになります。
この業界の独特の流通システムや定価販売の仕組みに風穴を空けたのが、Amazonなどのネット通販です。
絶版となったものを探すのに重宝します。
特に急がないなら、大型書店で内容を見て通販で購入するという人も多いのでは?
定価販売は同じですが、ポイント付与や自宅まで配達の利便性が有利です。
紀伊国屋書店もポイント付与を始めたり、自社のネット通販サイトとの連携も模索しています。
また、書籍流通の日本出版販売株式会社が運営するHonyaClub.comという通販サイトがオープンしました。
管理人もCD・DVD・コミックなどのレンタルで良く利用する近所の積文館書店(本社・福岡市)も加盟しています。
HonyaClub.com
レンタル会員カード兼ポイントカードの番号を入力したら、あら不思議!
これまでのレンタルや購入履歴が閲覧できてしまいました。
シリーズもののDVDやコミックだと、前回どこまで見たか分からないときに重宝しそうです。
HonyaClub.comで購入した際の通販サイト・ポイントはリアル店舗のポイントに交換できるようです。
店舗での受け取りもできるようになりました。
この場合は通販サイト・ポイントは付与されないらしいですが、リアル店舗のポイント付与有無が気になるところ。

スポンサーリンク