再生可能な資源は身近に


週末は何となく不安定な空模様。
土曜日の朝は子ども会の行事で、資源回収 (^-^)/

居住する自治体での通常の収集ゴミの分類は4~5種類だったかな。
自治体によっては10数種類のところもあるみたいです。
今回、お願いしている回収業者さんはペットボトル、新聞雑誌、アルミ缶、瓶(ビール瓶、緑と茶の一升瓶)、古着類が対象とのこと。

子ども会でしたよね・・・(((^_^;)
子どもの数より、大人が圧倒的に多い!
少子化を実感します。
うちの子も、練習試合で早朝から出かけてたし。
こう言うのが活きた社会勉強と思うんですが・・・

思い出したんですが、小さい頃の息子は写真のタッカー車が大好きでした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です