もっと、成長するのを待つことに


image

随分、慣れました (((^_^;)
子どもの自転車のパンク修理です。
過去の修理あとが見えます。

穴の開いている箇所の特定は水を入れた洗面器に空気の入ったゴムチューブを沈めます。
ブクブクと気泡が出てくるところがそれです。
多分、他に方法はないと思います。
説明は無用でしたか・・・

今後も時代が変わっても残るのではないでしょうか?
その前に、チューブに空気を入れる方式が消えるかも知れませんね。
車は既にチューブレスが主流だしね。

それでも、サイズの小さい一輪車はタイヤの取り外しや取り付けが大変でしたよ。

今回は穴の位置が特定できませんでした。
もっと、(穴が)成長するのを待つことにします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です