三国を跨ぐ大蛇がおったそうな


image

何やらナゾナゾめいたタイトルですが、この基肄城地方のお話です。

手前にJR鹿児島本線、奥は国道3号線です。
振り返ると、九州自動車道があります。
昔から交通の要所だったこともあり、中世には山城(基肄城)が築かれたのでしょう。

その踏切や信号機には「三国」と表示してあります。
三つの国とは筑前(福岡県筑紫野市)、筑後(福岡県小郡市)、肥前(佐賀県基山町)のことです。
この付近で三国が接していた為、そう呼ばれていたようです。
境界を巡る争いが絶えなかったようで、三国境石といった国境を定めた石碑が幾つかあったらしい。
現在の日本にとっても、領土/領海の問題は重要な外交課題でもあります(-_-;)

正面に見える温泉センター・アマンディの内部には佐賀県と福岡県の県境の表示があるんです。
国内でも課税の関係で所属が話題になったりします(*^_^*)

右手に見えるのはハンバーグのお店、老舗のキリンヤです。
その右隣にもハンバーグのお店がありますよ。
両方、行ったことがあります(キリンヤが店休日だったんで)・・・

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です