ビデオカメラの活躍する季節


もうすぐ、卒業や入学のシーズン。
この時期の季節家電にビデオカメラがあります。
各メーカーさん、運動会と並ぶ新機種投入のタイミングなのではないでしょうか?

筆者もテープに記録するタイプ(いろいろありましたが・・・)から、ハードディスクへ保存するタイプを使ってきました。
ビデオは撮したあとが問題です。
前者はテープのままでも良いかも知れませんが、再生するディバイスがなくなるかも ^^;
後者はDVD等に移さないと次が撮せません。
そんなわけで、コツコツとDVD化してきました。
この6〜7年前のハードディスクタイプは専用のライターでDVD化しています。
これがかなり面倒な作業です。

今のコンパクトデジカメ、一眼レフやスマホは動画を撮る事ができます。
これらを試して思う事はズームが弱いです。
デジタルズームだったり、ピント合せに難があったりするので、動き回る被写体には向きません。
iPhoneで少年野球の試合を動画で撮ってみました。
標準カメラアプリにはズームがないので、雰囲気だけというところ。

○○バシカメラに駐在していたメーカーさんと雑談。
今のハイビジョンカメラの規格ならお手軽に撮影後の整理ができそうでした。
ブルーレイレコーダーで焼くも良し、練習中のiMovieで編集するも良し \(^o^)/
何れにせよ、使ってみなけりゃ分かりませんが・・・

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です