身近な存在だけど、こんな時に実感する税



がんばれ!基肄城タイガース(駅伝大会より)

一般的なサラリーマンには馴染みが少ない確定申告の季節になりました。
筆者は向学のため、還付申告をします。
こちらは年明けから可能です。
源泉徴収票などを揃える必要があるので、今の時期になってしまいます。

e-Taxで電子申請が始まってからは随分と助かっています。
サービス開始当初はJavaとe-Taxソフトのバージョンの組合せが特定のものでないと使えなかったり、一時は他人の申請内容が表示されたりという不具合もありました。

最近は安定していると思います。
対応環境はWindowsの他、Macも可能になったようです。
ボチボチ準備しなくては。

ところで、この源泉徴収という制度は先進国では数少ないそうです。
戦時中の同盟国ドイツに倣ったもので、今に至っているみたい。
国としては面倒な事務処理を企業等に押し付けて、取りっぱぐれがない理想的なしくみは手放し難い(^_^)
年金も然り。

消費税の増税が話題となる昨今、その税の使い道が気になります。
それを決めるのが政治家のみなさん。
さらにその政治家を選ぶのは有権者である私たち。

話の後半はこちらの本の受け売りです。
池上彰さんはNHKの週間こどもニュースの頃からのファン。
Kindle版はお薦めです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です