あると便利、スマホ対応手袋


スマホ対応手袋らしいです。

手袋している時までスマホをいじらなくても・・・と思ってました。
しかし、電話の着信はこちらの都合はお構いなしです。
イヤホンマイクを使っているならお安い御用なんですが。
やはり手袋を外して応答するのは面倒なもの。

使ってみるとなかなか便利 ^_^
仕組み?
勉強しとこ。

スポンサーリンク

参考になった、ネット上の文章の書き方


学校での作文は苦手でした。
起承転結のパターンでないと・・・
「てにをは」にも注意を払わなくては。

今はSNSやブログで自分の考えを世界中に広めることができます。
しかし、さまざまなツールを通して情報が溢れているこのネットの世界ですよ。
しかも、世の人は多忙です。
如何に読んでもらう文章を書くか。

この本「武器としての書く技術」はブログを何年か書いている人には共感できる内容が随所にあります。
備忘録として記録していることが世の困っている人の役に立つ話は納得できます。
検索サイトからわたしのブログへの流入を見て、そんな状況を推測してます。
Kindle版は紙媒体よりお安く、読み終えた後の始末が楽な点がお気に入りです。

作者のイケダハヤト氏のサイトihayato.書店はロリポップのレンタルサーバー上にWordpressで構築しているそうで、わたしと一緒の点に親近感を覚えました。



作者の名前(カタカナ)で検索すると、いろいろヒットします。
この世界で稼ぐことは大変なんだなあ~と言うのが感想。

スポンサーリンク

わたしもX’masとお正月を待つばかり(2013-12)


今年も残すは一週間程度となりました。
今日は近くのペットショップで身なりを整え、X’masとお正月の準備です。
かわいいリボンも付けてもらってご機嫌。

お店のスタッフさん曰く、「今は繁忙期」らしいです、やはり。
先日、急に思い立って電話するものだからやっと今日の予約ができました。

看板には温泉の文字。
寒い時期はペットもあったかい方が好きなようです。

余談ですが、筆者の仕事が営業部門所属だった頃は「繁忙期」ではなくて「繁盛期」と言いなさいと教わりました (*^_^*)

スポンサーリンク

年の瀬の下請け作業中、年賀状印刷(2013-12)


年の瀬の憂鬱(ゆううつ)とでも言うべきか。
年賀状を書かなくては・・・

ソーシャルメディア全盛の昨今ですが、新年のご挨拶に欠かせないのは年賀状とお考えの方が多いかも。
しかし、今頃になると今年は書くのをやめようかなと思うのはわたしだけ?
家族の分の住所録も筆者の年賀状ソフトで管理している現状があります。
下請け印刷屋を務める日々は暫く続きそう。

その年賀状ソフトはソースネクスト社の「筆王」を長年使っています。
このソフトは年賀状や暑中見舞いの時期になると追加費用なしで、新しいコンテンツが配信されるので有り難い。
使い続けると送受信履歴が確認できる点で重宝しますね。
随分前に購入したのはパッケージ入りのCD/DVD版でした。

最近はAmazonでもSelect版のダウンロード購入ができるようです。
直ぐに使えてお安い。

コストをかけたくなければ、日本ゆうびんもスマートフォン用の年賀状作成アプリを提供しているようです。
年賀はがきの売り上げ増を狙っての取り組みですね。
プリンターメーカーは機器ではなくインク代で利益を出しているのは同じような話。

その結果として、スマホで住所録まで持ち歩くとなると紛失等による漏洩を心配するのはわたしだけ?!
もしかして、裏面(文面)だけなのかな。

スポンサーリンク