お手軽に、何処でもテレビ


年の瀬は一年の最後であるとともに、四半期〆の時期でもあります。
お仕事ご苦労様。

お楽しみのテレビドラマも佳境に^_^
既に、中継ぎ番組のチャネルもあります。
最近は見れてないNHKの朝ドラは年度内の上期/下期なので、数少ない例外でしょうか。

連ドラは録画しても見れないことが多くないですか。
周回遅れで見ているとどうでも良くなりがち。

筆者は録画番組をタブレット等へコピーして持ち回るようにしました。
これで消化率が随分と伸びました。
最近、乗り換えたiOSアプリが使い易いのでお勧めです。
ストリーミング再生できて、持ち出しコピーできるDTCP-IP対応DLNAクライアントアプリが登場したのは今年になってからでは?
筆者はその手のアプリは三種類位しか知りません。

これまで使っていたアプリはTwonky Beamです。
ユーザーインターフェイスが独特で慣れるのに時間を要します。
地デジ等を見るにはDTCP-IP対応機能をアプリ内課金で購入しなくてはなりません。
それに比較して、乗り換えたMediaLinkPlayer for DTVは馴染み易い操作性で、再生開始までが早く、ダウンロード時間も短い印象です。
テレビ視聴に特化しているためか、対応フォーマットは少なくなっています。
その場合は同じ作成元のMediaLinkPlayer Liteを使用しましょう。

いずれのアプリも、著作権絡みかテレビ番組はAirPlay等への外部出力は規制されているようです。

WiFi環境やレコーダーが対応しているのは必須条件ですが、特別な機器や3G/LTEパケット代も不要。
お手軽に、何処でもテレビが・・・

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です