無料アプリじゃないの!? iWork/iLife


アップル謹製のアプリiWork/iLifeです。

ITmedia記事(2013/10/23)
※アプリの値段は改定されています。

これによると、2013年09月以降に始めてアクティベートした(アップルにシリアル番号を登録した)iOS7搭載ディバイスはiWork/iLifeアプリを無料ダウンロードできます。
先日、最近アクティベートした端末でiWorkアプリをダウンロードしようとしたところ、無料ではなく金額が表示されました。
無料の条件を満たす端末だったので気にせずにダウンロード完了。
有料であるとの認識はありません。

しばらくするとストア・クレジットより支払われた旨のメールです。
確かに金額が減ってる。
え!何これ。
端末を購入したオンライン・アップルストアへ電話です。
さんざん説明させられた挙句・・・
この手の話はメールでのみ受け付けるらしい。

端末のシリアル番号やアクティベートした日などを回答します。
1週間かかって返金してもらえました。
メールには今回限りですとの記述がありますね。

途中、担当者がシニアアドバイザーに変わったりしてます。
「(誤って)購入してしまった」といったメールの言い回しが気になるなあ。
ユーザーが誤認する仕組みに問題ありと思うのですが。
メールには利用規約うんぬんとありますが、規約作成側に不利なことは書いてないでしょうから読むつもりはありません。

筆者の場合は、
アップルストアからログアウトして、再ログインすることで解決しました。
不具合の原因説明はありませんが、所有していたiOSディバイスのバックアップから復元したためと想定しています。

ところで、返金処理されたアプリは購入済みから消えてしまいます。
再ダウンロードできません。
対処として、コンテンツコードが発行されます。
同じアップルIDでログインした別のiOSディバイスで試してみます。
同コードを入力したら、該当アプリのダウンロードがいきなり始まりメデタシ。

やり取りが面倒なために泣き寝入りしている人はいるよな、きっと。

スポンサーリンク

キングダムの原泰久先生、基山町民栄誉賞受賞(2014-01)


キングダムでお馴染みの漫画家・原泰久先生、ご出身の佐賀県基山町から町民栄誉賞を受賞されました。
おめでとうございます。

キングダムのお話、ご存じですか?
舞台は中国の戦国時代の春秋時代、後の秦の始皇帝やら登場する頃・・・らしいです。
実はわたくし、この作品は読んだことがありません ^_^
これを機会に見てみましょうか。

コミックの電子書籍も各種あるようです。
過去に期間限定で10巻まで無料なんてキャンペーンやってるところもありました。
現在は33巻まで既刊となっています。
Kindle版はこちら、お試し読みもできます。

なお、お隣の垂れ幕は読売巨人軍の長野久義選手の3年連続・セリーグベストナインを祝福するもの。

スポンサーリンク

iTunesのアップデートが失敗する


PC用のiTunesアップデートでの不具合を解消できたのでメモ。

iOSディバイスには欠かせないPCアプリiTunesです。
iOSアプリと名前が同じで紛らわしいです(≧∇≦)
筆者にとって、PC用のiTunesはiOSディバイスのバックアップやリッピングした音楽CDデータの転送になくてはならないもの。

これまでは自動アップデートで問題ありませんでした。
今回のバージョン11.14は違います。
「msvcr80.dllがないため、プログラムを開始できません。」
と怒られてしまいました。
しかし、別のPCでは問題なしです。

iTunesをアンインストール後、試しましたがダメです。

参考にさせてもらった記事によれば、コンポートを全て削除してからでないと正常に処理できないみたい。

1.コントロールパネルから iTunes および関連するソフトウェアコンポーネントを次の順序で削除します。

1) iTunes
2) Apple Software Update
3) Apple Mobile Device Support
4) Bonjour
5) Apple Application Support (iTunes 9 以降)

2.コンピュータを再起動します。
3. 最新版をインストールします。

この手順で正常に処理できました。
この症状は稀なケースだそうで、それに該当するとは良いことがありそうな気配。

スポンサーリンク

好みのiPad関連商品はどんな?


益々目が離せないiPadシリーズ。
量販店などに行くと、カバー・ケース・保護シールと関連商品はテンコ盛りです。
ケースとスタンドが一体になった製品は幾つか試しましたが、お気に入りは見つかりません。

筆者の好みは
<カバー>
→ 背面に付けるハードケースタイプ
<ケース>
→ 100円ショップで買ったインナーケース
<スタンド>
→ テレビなど鑑賞用、100円ショップにありそうだが、アクリルのエレコム製(高い!)
<液晶保護シール>
→ 誰がやっても気泡ができないタイプのものでないとほぼ失敗ですね。

スポンサーリンク