バージョンアップは注目している証左


自宅で使用している無線LANルーターが勝手に再起動することがあります。

メルコ製のWZR-1750-DHP/E(親機中継機セットモデル)
再起動を確認しているのは中継機の方。
ルーター機能はアクセス回線側を使用するのでブリッジモードです。
再起動時は正面のBUFFALOの文字が赤く点灯します。

電源周り(コンセント類の接触不良?)かと思ってましたが、ファームウェアに問題がありそう。
購入時のバージョン2.03→ 購入後にアップデート2.09
このアップデートで筆者のケースと思われる不具合が改善されたはず。

●Ver.2.08 → Ver.2.09 [2013.8.29]
【不具合修正】
・ 略
・中継機モードにおいて、接続に失敗した場合、再起動してしまう問題を修正しました。
・ 略

その後、新しいバージョン2.13がリリースされていたので、適用して現在は経過観察中。
前回リリースと比べ、バージョン(リビジョン)番号が飛んでいるのが気になります。
コッソリ再修正されていることを期待しましょう。

バージョンアップしないソフトは余程安定しているか、見捨てられたかですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です