カバンが重くなるワケ


iPhone等のモバイル機器のメモリ容量不足は悩みのタネです。
世の中にはモバイル・メディアサーバといった製品があります。

アクトツーが輸入販売するiUSBportは異色です。
同機器のUSBポートに接続したUSBメモリやHDDのコンテンツをメディアサーバとして配信できます。

iPhone等の端末からはWiFi環境にて、FTP・DLNA・Samba 等のクライアントソフトを使ってアクセスします。

複数の端末から同時アクセスもできます。
残念なことはDTCP-IP非対応であることです。
例えば、著作権保護された地デジの録画番組を保存・配信することはできません。
また、筆者はそれに対応したアプリも知りません。

iOSアプリでしか試してませんが、相性の問題でしょうか?
お勧めのクライアントソフトが見つからないのが不満。

ところで、USBポートはiPhone等の充電にも使えますよ。

ガジェット好きはカバンの荷物が増えて重たくなる一方(≧∇≦)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です