急がば回れ、楽しいアプリ作り


日頃、当たり前に使っているiOSアプリです。
iOSアプリはiPhoneやiPad等で動きます。
毎月の例会で、そのアプリの使い方の勉強会活動をやっているグループにiClub福岡があります。

今回はアプリ作成に挑戦。
講師はリリースほやほやの「いとしまっぷ」の開発者であるアプリンク代表の日高さんです。
このアプリは福岡県糸島市の観光案内が目的。
全体をイメージし易いイラストマップと豊富な写真が特徴です。
只今、期間限定の値下げ中。

ところで、参加した殆どの方がプログラミング経験はないようです。
ネイティブなプログラミング言語はObjective-Cというものですが、開発環境XcodeのGUIを使い極力コードの記述を避けるやり方を紹介されました。
用意された3分の1は消化できた感じ。
馴れれば大丈夫かな。
いつかは「いとしまっぷ」のようなアプリ作成を目標に頑張りましょう。

筆者もそれを目指して、MacBookAirを手に入れたのですが・・・
一時期は楽をしようと、一つのソースコードでAndroidアプリとiOSアプリも作れるというWebベースの開発環境を試したことがあります。
やはり細かいところはネイティブなアプリに利があるようです。
急がば回れ、のよう。

追記(2014-03-27)
RKB・今日感ニュースで紹介されました。
今日感ニュース(2014/03/26 放送)より

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です