刺激的なタイトルに、つい読んでしまった


先日、出勤途上で聞いていたラジオ番組・クロノス(東京FM系)のゲスト・黒川さんの話が妙に腑に落ちて面白かった。
話題のリケジョ(理系女子)の王道を歩んで来られた雰囲気です。
人工知能(AI)を目指して、人間の脳の仕組みを解明してきた脳科学者。

番組では睡眠と脳の関係がテーマでした。
同テーマの著書を探しましたが見当たりません。
代わりに面白そうで、刺激的なタイトルの新書がありました。

Kindle版はないようです、残念。
今回はAmazonではなくて、JR博多シティ・アミュプラザの丸善にしました。
JQカードで支払うと、決済時に3%オフになります。
おまけにクレジットカードと店舗のポイントも貯まるので、ポインターの私にはピッタリ。

ところで、新書本を読んだ感想です。
そもそも、男女の脳は構造上の差異があるようです。
感情の右脳と論理の左脳は脳梁で繋がっており、連携して機能しているとか。
この脳梁の太さの違い故に男女の言動の違いが生じるらしい。
太い方は?細い方は?
それは読んでのお楽しみということで。

もっと早く読んでいたら、筆者の半生は変わっていたかも。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です