おかマイラーも終わりにするかな(2014-07)


最近、聞かない「おかマイラー」、言葉の区切りに注意。
おかま・・・ではありません。
飛ばずにマイルを貯める人の意味。
元々、マイラーは頻繁に飛行機を利用し、航空会社のマイレージを貯める人でした。

世の中に数多あるポイントカードとの相互の交換が可能となり、目的のポイントやマイレージに集約するルートを探るのも楽しい頃もありました。
クレジットカードを作ったら大量にマイルが貰えたのもそれなりの原資があったからこそ。
カード利用で付与されるポイントも効率良くマイルを貯める手段。

貯めたマイルで定期的に海外旅行を実現しているブロガーさんの話を羨ましく思ってました。
いつしか、筆者もそのひとりである飛ばないマイラーが増えてきたようです。

コーポレート・カラーが青系の老舗の大手航空会社提携のカードも徐々に渋くなってきました。
先日、届いた告知にビックリ。
マイル交換手数料、税別2000円が税別5000円に大幅UPとか(カード年会費は別に必要)。
LCCの台頭で路線変更でしょうか?
交換手数料が不要な上級カードへの誘導で、他は切り捨て御免となるか。

まだ、同様の告知はありませんが、同カラーが赤系の大手航空会社も追随するのが想定されます。
クレジットカードは実質年会費不要の身近な流通系や交通系(陸上)に軸足を移そうか、思案のしどころ。

これまで、航空系は年会費を払っても十分な価値があったと思います。
最小の特典交換単位のハードルが高いですが、無料航空券への交換が効率的です。
しかし、LCCなどの選択肢が増えた今はその必要性が薄らいできました。

不正使用のリスクもあるし、無駄を整理しなくては・・・
見直すと魅力的なライバルのサービスを発見するかも。

スポンサーリンク