肩身が狭い少数派?かな入力


先日、iPadのかな入力にはApple純正のWirelessKeyboard(JIS)が便利だ!と書きました。
使ってみて不都合な事象があったのでMemo/メモ。

最近、サイトのパスワードの使い回しはヤバイとの話が良くあります。
パスワードの規則が強化されたところも多くなりました。
英字、数字、記号のいずれも一文字以上要求されることが稀ではありません。

鍵盤に両手を置いたときの右手小指が受け持つキーに目的の記号が多くあります。
標準ブラウザのサファリでパスワードを変更した後、Chromeでアクセスしたところパスワードエラーと怒られます。

暫く悩んだ後、次の記事を思い出しました。
iPadとApple Wireless Keyboard (JIS)でかな入力配列に問題
最初に読んだときは気になりませんでしたが、正に筆者の事象。
かな以外のEnglish(US)の記号も刻印と違っています。
確認した範囲ではApple純正アプリの場合は正しい文字が入力されるようです。

引用記事の投稿者の言うように、iPad+WerelessKeyboard(JIS)+かな入力ユーザーは少数派だと思います。
長いものに巻かれて、日本語の長文は純正アプリを使いたいと思います。

このキーボードでローマ字入力するには右上の(▲)キーを押して、ソフトウェアキーボードを呼び出します。
そこでローマ字入力を選んでから、同キーを再度押したらローマ字入力可能です。
残念ながら、英数キーを押したEnglish(US)の記号は刻印と異なります。

少数派は道具に不自由します。

同キーボードを使いMacbookAirのChromeでこの記事を書いていますが、かな入力は問題なく動作しています。
今のところ。
同じサードパーティ製のGoogle Chromeなのに開発チームの違いでしょうか。

スポンサーリンク