救急医療を考える機会に、経過観察(2014-08)


一年振りにやって来ました。
福岡県久留米市にある聖マリア病院です。
新しい地域医療支援棟(地上19階、地下2階)が建っています。
屋上にはドクターヘリが発着するヘリポートもあります。
地域の中核病院の機能が向上しているようです。
よく調べてみると、昨年(平成25年)の初めから稼働してました (^_^;)

三年前、息子が少年野球の練習中のケガで救急搬送されてからのお付き合い。
骨折した部位が「成長線」に掛かっていたため、現在でも年一回は経過を見て頂いています。
この成長線の部分を骨折することを、「骨端線損傷」「骨端軟骨損傷」といい、成長障害を引き起こす場合があるそうです。
まだまだ、成長の余地?があるようで一年後を予約して帰ります。

幸いなことに、打ちどころ?が良かったのと適切な措置のお陰様で今に至っています。

また、佐賀県の「医療機関情報・救急医療情報システム」のiPadを救急車内で活用されていたのを記憶しています。
救急患者のたらい回しが減らせるとして、全国へ拡大中の仕組みです。
機会があったら見れます、あまり乗り心地は良くない乗物ですが。

先日、佐賀県の同システムを主導してこられた担当者の講演を視聴する機会に恵まれました。
樋渡武雄市長が基調講演を担当。
地方(佐賀県)から元気が・・・

一方、随分前に息子に抜かれた背丈です。
今後は中身を詰める努力が必要かと思います。

スポンサーリンク

外付けマイクのiRig Mic Cast


iOSデバイス用の内蔵マイクの集音を補うため外付けマイクを探していました。
外付けマイクのiRig Mic Castは楽器メーカーの製品だそうです。

イヤホンマイクのジャックに刺して使うので、iPhone5/5Sでは下方に取り付けることになります。
ややな斜めに見えるのはiPhone側ジャックの影響のようです。

フェイスタイムカメラ及びバックカメラのマイクと比較してみます。
え 〜 !
聞き比べてみてもおんなじではありませんか。
不良品を掴んだんでしょうか。

ググってみると、入力ゲインが 小さいようです。
編集時に拡大した場合、内蔵マイクに比べホワイトノイズが目立たないらしい。
その点はは今後の検証が必要ですが、同様な機能の外付けマイクではまずまずのコスパではないでしょうか。

スポンサーリンク

Caldigit Thunderbolt Stationのイーサーネット接続が切れる


更新:2015-01-15

USBポートの拡張などに役立っているCaldigit Thunderbolt Stationです。
また、Macbook AirにはないGigabit Etherポート(写真下・緑の○)も使えて助かります。

困ったことに、暫く使っているとネットワーク接続が切れる状況が度々です。
ネットワーク環境を確認すると(写真上)。

状況 : ケーブル未接続
Thunderbolt Ethernet ××にケーブルが接続されていないか、ケーブルの反対側に接続されている機器が応答していません。

ケーブルは間違いなく接続しているので、機器が応答していないとなると・・・
再起動(この場合はルーターを)ですか。
確かに回復しますが、それでは芸がありません。

表示されるエラーメッセージが正しいとも限りません。
IPアドレス取得をDHCPから手入力に変更して、固定IPアドレスを試してみます。
症状は同じで、これが原因ではないようです。
OS X Mavericksではドライバー不要のはずですが、ソフト上の不具合が考えられます。
以前の投稿「イーサネットを認識しない、Caldigit Thunderbolt Station」が頻繁に検索されることからの想定。
ググってみても他に情報がないので別の手段とします。

有線接続が可能であればそれに越したことはありません。
この拡張ドックでUSB3.0ポートの数に余裕ができました。
USB3.0対応LANアダプター(写真下・赤○)を繋いでみます。
通信速度は拡張ドックとほぼ同じで安定しています。
MBA本体又は拡張ドック何れのUSBポートでも動作。
なお、LANケーブル接続先はホームゲートウェイでも問題なし。

新たな情報が見つかるまでこれで凌ぎます。

追記(2015-01-15)
結局はこちらで不具合解消しました。
Yosemite、移行なしクリーンインストールで好調

スポンサーリンク

もう来年の手帳が並んでいる!(2014-08)


先日、足りなくなった手帳のリフィル(詰め替え用!)を買いに行った時のこと。
来年の手帳類が並んでました。
海外との絡みでしょうか、9月始まりの手帳もあります。

古い記憶ですが・・・
毎年2月に翌年の祝休日が確定。
※日付が不確定である翌年の春分の日と秋分の日を国立天文台が官報で公表するのが2月らしい。
それから印刷業界が動き出し、店頭に並ぶのは10月。
と言った不文律が有るのかと思ってました。

つい買ってしまった来年分。
今年の12月分から付いてますが、完全な青田買いの様相です。
早速、来年のゴールデンウィークの休みの並びをチェックしてみます。
ビミョ~な感じ。

スマホ・アプリなどディジタル化が進んだ今でも紙のスケジュール帳を愛用しています。
紙には紙の良さがあります。
・電池切れがない
・漢字を忘れないため
一方、ディジタルデータが圧倒的に優位なのは
・検索
・データ加工などの再利用
あたりでしょうか。

アナログ・ディジタルに依らずToDoリストで、今日やるべき事を管理している方も多いのでは。
うっかりリストアップを忘れて、失敗したことがあります。
リストアップ漏れはないかをチェックするToDoが必要かも。

スポンサーリンク