伝統となる運動会のお約束、基山中体育大会(2014)


三連休となった週末は絶好の運動会日和。
子どもが通う中学校の体育大会も滞りなく進行しました。

何回も見てくると伝統とでも言うべきものが幾つか思い浮かびます。
例えば、クラブ活動対抗のリレー。

柔道部はバトン代りに部員を担いで走ります。
バトンパスでは投げ技がお約束となります。
慌てたので写真のピントが手前になってしまいましたが、ボカシを入れる手間が省けた。
野球部のアンカーはヘッド・スライディングでゴールします。
その他は割愛させて・・・

3年生は大ムカデ競争が記憶に残るようです。
今年は練習の成果が出たこのチームが3本勝負で全勝していました。

大人になってから故郷を思う時、きっと蘇る記憶の中にあることかと思います。
筆者の卒業した小中学校は共に統廃合されて今はありません。
しかし、写真もないのに何となく思い出せるのは不思議です。

於、基山中・体育大会

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です