不具合テンコ盛りのiOS8に思う


iPhone6/6 Plusの発売直前にリリースされたiOS8です。
バグ修正版のiOS8.0.1は公開直後に新たな不具合発覚で、急遽配信取り止め。
その後にリリースされたiOS8.0.2が最新となっています。
しかし、まだまだバグがあるようです。

既存のiOSディバイスを早々とアップデートしたのは悔やまれます。
よく使うアプリの対応が遅れているのに加え、iOS自体の機能でBluetoothのペアリングができません (≧∇≦)
筆者はBluetoothイヤホンが使えない、Bluetoothテザリングができない、などが一番の困りもの。

1ユーザーとしては待つしかないですね。
もちろん、開発サイドは全力で対応中でしょう。
ソフトウェア開発の経験者はこのバグという言葉には敏感に反応してしまいます。
ソフトとは名前だけで、仕事はハードですから ^_^

世の中、無料アプリが当たり前。
ヒット・アイディアは真似されるのが世の常か。

プログラミングを小中学校の必須科目とする話は面白いと思います。
職業プログラマーになる訳ではありませんが、物事を論理的に考える訓練に最適ではないでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です