高止まりする携帯キャリアへの支払い(2014-11)


iPhone5を契約したのが2年前の10月。
当時、iPhoneの扱いがなかったドコモからauへMNPで移りました。
毎月の支払いはソフトバンクと比較して大差なかったと思います。

10月の利用分から1,000円程値上がりしています。
オプション料金のキャンペーン適用が終了したようです。
LTEフラットプラン 5,200 → 5,700円
テザリングオプション 0 → 500円

11月の利用分から機器代の分割払いは無くなりますが、相応の毎月の減額も終わることからほぼ同額の7,800円程。

機種変更やMNPでキャリア変更が無ければこのままの支払いが続く事になります。
世のユーザーは高止まりする料金に慣れてしまった?

キャンペーン減額や月々のキャッシュバックの原資は変更なしで使い続けるユーザーが負担していると実感します。
過去にはガラケーで半年過ぎると実質ゼロ円で機種変更できました。
その原資も変更なしで使い続けるユーザーが負担しているとして、当局の指導でなくなったはず。

テザリングオプションが有料となった10月から毎月のパケット上限は(7.0+0.5)GBになりました。
目一杯使ったつもりでも3GB超がやっと ^o^

iPhone用のプランは限定されていたのですが、ライトユーザーには不向き。
最近の電話かけ放題プランは電話しない派には論外。
契約更新月の11月は決断の時。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です