頑張れ!ソニー、古いレコーダーも救済に感謝


最終更新:2014-11-27

(画像:SCE)

長いことソニーファンでした・・・
今でも使っている製品は多くありますが、以前のように無条件でソニーを選ぶことがなくなりました。

テレビ事業やPC事業(Vaio)は切り離されて寂しい限り。
そんな中、スマホやタブレットでテレビ番組を視聴するために所有しているnasneというレコーダーがあります。

これまではその用途のために他社製のアプリ(MediaLinkPlayerやTwonkyBeam)を使ってきました。
無料のソニー製アプリ(TV SideView)も入れていましたが使い方が今一つ。
最近のバージョンアップで外出先からの番組予約や他社製にない機能である外出先での番組視聴ができるようになったとか。

外出先での番組視聴にはアプリ内課金でプラグインを入れなくてはならないようです。
便利になるなら良いかと何気に「入手」です。
後でストアのアプリの評価が酷いことを知りました。

筆者のモバイル環境(ドコモ回線を使ったMVNO事業者)ではエラーとなります。
レビューにあるようにBluetoothイヤホンは使用できません。
nasne本体のファームウェア、アプリのバージョンやiOSの最新版確認、問題なし。
しかし、アプリのダウングレードで回復したとの報告があります。

公衆無線LANでは問題なく視聴できます。
通信量を考慮するとモバイル環境での視聴ではなく、これまで通り端末へコピーしての視聴と公衆無線LANの利用になると思います。
改善されることを期待しましょう。

所有しているソニー製のちょっと前のブルーレイレコーダー(BDZ-AT700)が外出先からの番組予約に対応していたのは思わぬ拾い物。
これは無料アプリのままで可能です。

追記(2014-11-27)
 いろいろとモバイル環境(LTE/3G)での視聴をトライしてみました。
 駅などの人が集まる場所ではなくて、人口密度が低く帯域に余裕がありそうな場所では大丈夫なようです。
 エラーコードだけでなく考えられる原因をもっと詳しくして説明して頂ければ良いかと。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です