大晦日(2014)は早仕舞いしたい


年末の大掃除です。
倉庫の中身を全部取り出したのは初めてではなかろうか。

いつか使うだろうとの思いで放り込んだ結果、その存在すら忘れている。
捨てるものを選別しなくては。
仕舞い込んだら次に取り出す機会はいつのことやら。
押し入れもしかり、定期的に配置換えしてふるいにかけながら使わないモノを減らさないと、と思いながらもそれができない。

今年最後の一日の天気は下り坂の予報。
まだやり残しが・・・

スポンサーリンク

神さまも大忙しの受験シーズン(2014-12)


今日(12/29)は太宰府天満宮へやって来ました。
身内の大学受験の合格祈願の為です。
やるだけやったら後は神頼み、菅原道真公にあやかりたいですね (*^_^*)

大晦日の夜から暫くは大混雑と思ってのこと。
それでも受験シーズンですから合格祈願も次から次に流れ作業のごとし。
昇殿祈願は作法の説明が理解できないままだったので困惑しました。

今回の昇殿祈願を担当した神職が若い女性だったのは意外でした。
巫女さんは臨時の方が多いのは受け答えで納得です。

暫くは神さまも大忙しですか。

スポンサーリンク

iPhone6、無線LANの勘違いに気付いた


時々機嫌を損ねる我が家のWiFi環境です。
親機と子機/中継機のセットモデル(WZR-1750-DHP/E)なんですが、2.4GHz帯と5GHz帯で運用でき、802.11ac(このモデルの理論上の上限は1.3Gbps)に対応しています。

他のiOSディバイスやPC等は問題ないのに、iPhoneとの相性が悪い気がします。
それは子機/中継機と通信不能になる現象であり、AP側の再起動で回復します。

そんな中で気付いた事があります。
iPhone6のWiFiは802.11ac(iPhone6の理論上の上限は433Mbps)に対応しています。
iPhone5から乗り換えで劇的に改善する事を期待していましたが変化ありませんでした。
何気に接続するSSIDを切り替えて速度測定してみて思い込みに気付いた!

802.11acは5GHz帯(デフォルトのSSIDにAが付いている)のみでした。
これまで接続していたのは2.4GHz帯(デフォルトのSSIDにGが付いている)であり、802.11n(iPhone5の理論上の上限は300Mbps)で通信していたことになります。

なんと速度測定結果は約4倍(200Mbps超)になりました。
iPhone5においても混雑する2.4GHz帯より帯域も広い5GHz帯の方が速度が出やすいようです。

スポンサーリンク

日付訂正は無効ですか?


時々行ってる近所の外食チェーン店の会員カードです。
年会費を払って会員カードを提示すると割引があります。
今回新規発行したカードの有効期限が・・・
平成27年→28年?訂正した形跡。
店員さんが慌てて修正するところを目撃したと後で聞いた。
年の変わり目ですから勘違いは大目に 〜

しかし、カードの裏に「有効期限の訂正は無効です」と。
誰が訂正したかに言及していませんね。

こちらが訂正していない事実をどう証明しようか。
住所氏名など記入したのでマーケティング用に本部へ送付されるでしょうからPOSレジと連動するはず。
要は有効期限のデータチェックができるか、ですね。
念のためカードと払い込んだときのレシートを一緒に写して、Evernoteに保存しておこう。

顧客が気を遣うのもどうかと思いますが・・・
裏にある事務局にお尋ねしましょう。

スポンサーリンク