届くか不安です、そのスリルもまた楽し。アマゾン(2015-01)


最終更新:2015-01-10

(画像:アマゾン)

ネット通販を良く利用する方だと思います。
中でもアマゾンが一番でしょうか。
物にもよりますが近所に物流センターができてから届くのが早く感じられます。

同サイトには楽天市場やヤフーショッピングと同様に出品者と顧客を仲介するマーケットプレイスもあります。
この場合は出品者自ら発送するケースとアマゾンが代行するドロップシッピングがあるようです。
前者のケースで一寸したトラブルに出会いました。

大手の宅配業者は追跡サービスがあるので便利です。
アマゾン経由で通知された追跡番号を入力してビックリ!
とんでもない配達営業所が表示されました。
出品者へ連絡(メール)すると、正しく記述された宅配伝票の写真添付で宅配業者のミスを訴えています。
どこの宅配業者に依頼しようが関知することではありません。

集荷・発送した大手の宅配業者の営業所に確認すると公開情報の単純な入力ミスらしい、荷物は正規の営業所へ向かっているって。
なお、誤って初期登録した配達営業所を修正できないとの仕組みは困りもの。

今日(01/09)が配達予定だとか(出品者の回答と異なりますが)・・・
誰でもミスは犯します、後の対応が大切ですね。
後に購入する方のためにレビューはしっかり書かせてもらいます。
まあ、価格を重視しているのでサポートに係る人手は手薄なんでしょう。
多少のリスクは織り込み済みですよ。

追記(2015-01-10)
荷物は誤って設定された営業所にあった (-。-;)
その後、転送されて翌朝には届いた。
行き先営業所を設定したら仕分け作業以降到着するまで積み荷の再仕分けはできないようだ。
長旅の荷物に同情、情報公開もやぶ蛇?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です