格安SIMでスマホ・デビュー


ガラケーの契約更新月となったので

家族の使っているキャリア携帯(フィーチャーホン→ガラケー)が契約更新月を迎えました。

スマートフォンに変えたいが

スマホ・デビューしたいとのことだったので事前にSIMロックフリー端末(Android)を準備していました。
次は通信会社の選択です。
この数ヶ月、ドコモ回線を利用したMVNO事業者の格安SIMをiPhoneで使ってみました。
特に問題はなかったので今回もこちらへMNPで電話番号を持って行くことにします。
月々の支払いが格段に安いですから。

注意したいのはメール

注意する点はメールアドレス、キャリアメールが使えないということ。
当然ですが・・・
代替となるアドレスを用意します。
iPhoneユーザーならiCloudメールが無難です。
一方、Androidユーザーはメール受信時のプッシュ通知に対応しているGメールが選択対象かと。

メールアドレスを決めたら、メールでやり取りしている方へご案内メールを送ります。
メールの受信制限をしている場合は当該メールの受信許可を依頼します。
この設定変更は面倒なこともあり、100%は望めないでしょう。

Androidスマホでは想定外の不都合がありました。
受信したメールの差出人のアドレスがGメールの連絡先にヒモ付きません。
送信者が自分の名前を設定していない場合はアドレスが表示されます。
つまり受信側でコントロールできないようです。
もしかしたら公式アプリ以外に良いモノがあるかも知れません。

一方、iPhoneでもGメールを使いますが、差出人は連絡先の名前で表示されます。
なお、使用しているアプリはiPhone標準のメールです。
Gメールアプリの問題ですかね。

手続き方法の見直しが必要

あと一つの注意点は窓口で手続きする場合と異なり、SIMカードが届くまでの間はモバイル通信ができないことですね。

5月には義務化されるSIMロックフリーです。
その元年とも言うべき今年、行政サイドも改良を願いたいもの。
音声通話なしSIMと同様に、先にSIMカードが入手できるような規制緩和など。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です