転んだときの起き上がり方、コウノドリ(2015-11)



(画像:TBS)

三日連休の週末です。
行楽には恵まれた天候となりました。
まとまった時間がある時は撮りためたビデオを観るのに最適です。

今期(10〜12月)の連続ドラマも人気録画予約ランキング上位のものを中心に録画しています。
録画していても観ていない番組が殆ど。
そのひとつ、金曜ドラマ・綾野剛主演「コウノドリ」を1話から最新の6話まで一気に観ました。

気の利いたコメントを思いつきませんが・・・
少子高齢化社会の進行する現代に見られる問題点がたくさん出てます。
保育園の送迎のシーンは懐かしかった。

正確ではありませんが、子育てに関するセリフで思わずメモ。
「転ばないようにするより、転んだときの起き上がり方を教えてあげる」
含蓄のある言葉とは思います。

えっ!
教える「転ばない方法」も「転んだときの起き上がり方」も
素直に聞き入れない?
自分で気付いて学ぶしかありません。

スポンサーリンク