便利さを実感、大阪詣で(2016-02)


久し振りの新幹線での関西であった。
鉄道での移動は便利なものである。
中心部の在来線は時刻表を見る必要などない。
更に私鉄の路線が充実している。
共通に使える交通系ICカードがひとつあれば財布は要らない。

地元に戻ると、通勤・通学以外で日常的に鉄道を使うことはない。
いつもの電車に乗り遅れたら大変である。
人の数が比較にならないので無理もない。
公共交通での移動手段がないところも多く存在する。

田舎暮らしと都会暮らし、長短ある双方を時々体験するのも良いものだ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です