写真を保存/共有するクラウドサービスを変更しなくては(2016-08)


最終更新:2016-08-06

皆が常時スマホを持ち歩くので、コンデジ売上激減のこの頃でしょう。
カメラメーカーさんは活路を見出すために試行錯誤中か。
キャノンの写真クラウドストレージサービスwithPhotoもそのひとつ。
10GBまで無料で使用できます。合言葉を設定すれば限定公開できます。
少年野球、中学野球で撮った写真を関係者へ共有する用途で使っていました。
印刷やメディアで渡すと手間やコストが大きくなるので重宝します。
残念ながら、withPhotoはこの9月でサービス終了するようです。

また、写真や動画をバックアップするクラウドストレージとしてGoogleフォトを使用しています。
写真は自動でサイズが縮小され無制限に保存できるので、もしものためです。
ローカルHDDの写真を誤って削除した苦い経験があります。
一眼などの写真も全てをiPhoneへ保存した後、アプリでアップロードします。
別途自宅NASにはオリジナルを保存してありますが、それも故障するかも。
未来永劫続くサービスとは思えませんが、今はこれを選択しています。
主に日付で検索することになりますが、検索機能に難があるなあ。

クラウドストレージと共有に優れたサービスを再検討します。
米YahooのFlickrが良さそうです。
1アカウントで1TB(テラバイト)まで使えます。
タグやアルバムの機能が検索や共有に便利に使えそうです。
公式のFlickrアプリが日本のApple Storeにないのが難点。
その点はブラウザやサードパーティ製アプリで補完できるかな?
ダウンロードする人はオリジナルのサイズも選べるので必要に応じてトリミングやプリントをご自由にとしましょう。

暫くは高校野球でも写真などの共有が必要となりそうです。
ブログやSNSへ共有するのに重宝するInstagramは目的外だね。
まあ何でもやってみればスキルアップするものです。

追記(2016-08-06)

少年野球及び中学野球のアーカイブスは鋭意Flickrへ移行作業中です。
当該ページへアクセスしてみて下さい。

スポンサーリンク