iPhone(+MVNO)の初期設定ミスの話(2016-09)


携帯やスマホは人と待ち合わせをするのに必須なアイテムです。
約束の場所や時間は大体で問題なし。
それらがない古い?時代の話では約束の日時と場所を確実に共有しなくてなりません。
そんな頃を想起する先日の失敗談と教訓をひとつ。

iPhoneを久し振りにアクティベーションすることになりました。
アクティベーションにはnano SIMカードが必要です。
SIMサイズはAndroidスマホで使っていたmicroからnanoへ既に変更しています。
旧スマホではSIMアダプタを使ってサイズの違いに対応してました。
WiFi経由でアクティベ完了。
先ずは必須アプリLINEの機種変更処理を済ませます。
LINE履歴の引き継ぎが上手くできなかったらしい。
AndroidとiPhoneの相互間はできないのでしょうか。
続いて、MVNO(IIJmio)のSIMカードが機能しているかを電話の発着信で確認。

翌日、そのiPhoneを持ち約束に間に合わんと慌てて出掛けた(いつものことだが)家族のひとり。
2時間もしないで帰って来てしまいました。
「LINEが使えなかった!」
出会えなかったもよう。

モバイル通信ができない状況でした。
MVNO(IIJmio)は長く使っているが初めての経験です。

あ!肝心な設定を忘れているし、動作確認手順を勘違い/間違えています。
通信会社を指定するAPN設定をしてないなあ。
旧スマホはプリインストールしてあるMVNO(IIJmio)を自動選択していた?
iPhoneではIIJmioのプロファイルをインストールすることでAPN設定が完了します。
モバイル通信の動作確認はWiFiをオフにしてメールの送受やブラウザでサイトアクセスをやらなくてはなりません。

ところで、LINEが使えなかった話の顛末。
電話は使えます。
待ち合わせの相手に電話しなかった?
LINEアカウントしか知らんとか。
電話回線を使うショートメッセージも同様か。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です