三国志(Febe!)、やはり面白い(2016-10)


長編小説を読むのが好きだった頃に読んだ作品に「吉川英治の三国志」がある。
近頃はそれ(長時間読書)が辛い。
以前、オーディオブックFebe!で聴いたら良い感じだった。
思い出して再度聴いている。
たくさんの人名や地名が出てくる作品なので文字無しでは判別が難しいのが弱点だ。

FeBe

ストーリーは劉備玄徳が諸葛亮孔明を三顧の礼で迎え、天下三分の計を実行に移す所まで来た。
いよいよ赤壁の戦い。

中国大陸の悠久の歴史をみれば、大陸の現状は歴史の中の一瞬の事かと思える。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です