久し振りの久留米アーケード街(2017-01)


久し振りに西鉄久留米駅から六ツ門へ続くアーケード街を歩いてみた。
以前と変わらず、通りの一部に屋根がない。
百貨店や本屋が消えて久しい。
え!かなり昔ですか。
仕事で住んでいた数十年前と変わらない店構えもあった。
休日の人通りがまばらな感じ。
典型的な地方都市の今の印象だ。

郊外のゆめタウンは人と車が溢れているはず。
天神や博多へのアクセスの利便性が高くストロー効果ってやつだろう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です