基山移住、町の作戦は着々と(2017-01)


Facebookを眺めていると、近頃は基山移住の投稿が目立ってきた。
関係者や関係ページをフォローしているから当然か。

町役場での移住定住情報発信事業が始まったこともある。
ポスター等でエミューというダチョウみたいな鳥類が前面に出てきた。
こんなのがいたんだ、知らなかった。

最初は驚いた福岡市街を走るバス内の動画広告も見慣れてきた。
タウン紙、新聞、テレビ番組に露出するようになりレイトマジョリティ層にも浸透してきた?

まずは知って貰うこと。
交通の便が良いだけの通り過ぎる町にはして欲しくない。
消滅危惧自治体と指摘されたこともあった。
佐賀県下では最も福岡市に近い。
どうしたら住みたいと思って貰えるか、町の作戦は着々と進行中だろう。
昨年、人口が5万人を超えて市制施行が予定される那珂川町とは目指すところは異なる。
比較の対象になりそうにない。
ほかにマネされる企画をバンバンと、先行者利益を頂き。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です