知らなかった!独自ドメイン移行


先日、レンタルサーバー会社のドメインから独自ドメインへ移行した当ブログである。
事前に知っていたら廻り道せずに済んだと思う事が幾つかある。
ずっと勘違いしていたこともある。
ググっても分からず、サポートより頂いたヒントで解決した話もあった。

前提とした環境は
・サーバーはロリポップのライトプラン
・CMSのWordpressを使用
である。

作業過程で分かった順に
①ドメイン取得
②マルチサイト構成
③サイトアドレス変更
④パーマリンク設定
である。

①ドメイン取得

お名前ドットコムで複数個のドメインを取得した。
キャンペーン価格が適用されている場合は二年目以降の価格に注意する。
申し込み画面を良く確認せずに後悔した点がある。
個人の場合はドメインの利用料の他にwhois情報公開代行が必要だろう。
お名前ドットコムの場合は980円/年(税別)だ。
ドメイン所有者の公開情報をお名前ドットコムのものにできるのがwhois情報公開代行である。

現在、キャンペーン中で無料だったのだ。
同キャンペーンの申し込みにチェックを付けることをウッカリしていた。
問い合わせたが、申し込みと同時でないとダメだと断られた。
毎年払い続けなくてはならない・・・
そんな訳でキャンペーン適用の他のドメインを取得することで解決した。
もちろん、先のドメインは使用せずに一年で解約する。

②マルチサイト構成

レンタルサーバーはロリポップの例だが、独自ドメインを適用するフォルダを公開フォルダとして指定することになっている。
Wordpressをインストールしたフォルダがそれだ。
筆者のブログはサブディレクトリーによるマルチサイト構成の子サイトのひとつで運用している。
親サイトは指定できるが子サイトは該当のフォルダが見当たらない。
ググってみるとマルチサイトでは無理のようである。
サブドメインによるマルチサイトではできるような情報もあった。

潔く諦めて新規にWordpressをインストールして独自ドメインを割り当てることにした。
実は大きな勘違いがあったためマルチサイト構成にしていた。
契約しているライトプランではWordpressはひとつのみインストールできると勘違いしていた。
ひとつのみはデータベースMySQLの使用であった。

現行のサイトは継続公開しながら、新規にインストールしたサイトに独自ドメインを割り当てることにした。
コンテンツを新ドメインへ移して既存の記事URLをリダイレクトできるだろうけど、手間を惜しんだ。

③サイトアドレス変更

これをやらないとサイトトップページ以外は独自ドメインとならない。
Wordpressの管理画面において

設定>一般

サイトアドレス(URL)を独自ドメインへ変更する。
ここでの失敗はWordpressのアドレスも同内容に変更したことである。
結果としてログインできなくなったのだ。
ググって得た情報を鵜呑みにしたのがその理由である。
自己責任だから仕方ない。

これが原因でログインできない状態の解決手段はふたつ見つかった。
ひとつ目はWordpressインストールフォルダにあるwp-config.phpの修正
ふたつ目はデータベースMySQLの当該データの書き換え
今回はMySQLの当該データ書き換えで解決した。
あせった、鵜呑み厳禁だね。

④パーマリンク設定

個別記事のアドレスの書式指定だ。

設定>パーマリンク設定

基本では問題なく表示されるのに、他の書式では表示できない。
通常は自動で書き換えられるという「.htaccess」の変更内容が設定画面の下部に表示されている。
手作業でユーザーにて書き換える必要がある、とのメッセージ。
ftpツールで「.htaccess」を表示してみると全く同じだ。

ロリポップのサポートに問い合わせると、転記するようにとのアドバイスであった。
見た目は同じなのだが。
何気に転記ではなくて、コピー&ペーストしてみた。
すると、メデタク表示できた。
見えない制御文字があるのだろうか。

遠回りしたが何とかなった。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です