物流は経済の動脈


ネット通販と物流は切っても切れない関係だ。
我が家に届く荷物はほぼネット通販のもの。
どこのお宅も大差ないだろう。
消費者サイドからすれば価格以外の差別化は配送のウエイトが大きい。
送料無料や時間指定は当たり前。
アマゾンプライムなど、地方でもかなり早く届く。

テレビ東京系の番組、ガイヤの夜明けやWBSでも扱っていた。
時間指定や再配達がドライバーの長時間労働を招いている状況がある。
アマゾンが佐川急便からヤマト運輸へ乗り換えたことで、同社の取り扱い量が激変したのは想像できる。
リクルートの過労死裁判の結果もあろうが、労使の歩み寄りが図られるようだ。

働く者からすれば過剰なサービス要求はしたくない。
物流業界が疲弊したら(動脈硬化?)どうなる。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です