無視できない検索エンジンGoogleとBing


複数の旧ブログから独自ドメインの当ブログへ統合(移行)後、ブログ内部リンクのリンク切れが多数あった。
メディアライブラリーの写真へのリンクは一括変換したが、例外パターンは手修正が必要だった。
また、記事内で引用している別の記事のURLが意図しない形態に変換されたりしている。
ざっとではあるが、全エントリーを確認した。
手間を要したが、今後のサーバー引っ越しに対するハードルが随分低くなった。

なお、旧アドレスへのアクセスは新ドメインへリダイレクトしていない。
Google Search Consoleによって、旧インデックスは全て削除した後、新しいURLを随時インデックス中だ。
新規のインデックスは評価が低い(表示されるページがずっと後)こともあり、良く検索されていた記事へのアクセスが激減した。
良く知られているが、Yahoo!など多数の検索サイトはGoogleの検索エンジンのデータを使用していることで「右へならい」で済むのだ。

しかし、マイクロソフトの検索エンジンBingは独自でデータ収集している。
Bing経由で旧アドレスへアクセスがあり、「ページが存在しません」と表示されるケースが多いようだ。
探せば対処方法はあるのだろうが、少数派なので無視しよう。

一方、新サイトのSitemap更新はプラグイン(XML Sitemap Generator for WordPress)でGoogle及びBingへ随時通知している。
Fetch as Googleによるインデックスとの違いが良く分からないが、インデックスも徐々に進行中だ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です