行列無視、まずはごめんなさい



思い込みには勝てない、と自分で経験した話。
何かと便利に利用するコンビニである。

出勤時の慌ただしい時間帯に立ち寄った。
チケットの発券のみ、バーコードを読み取りしてプリントアウトしたチケットを受け取りサインするだけ。
数分で完了した。

人通りが多い場所なのに空いてたなあ、と思いながら振り返ってビックリ。
奥の壁面沿いに行列。
そう言えば、レジ前の床に何やら赤字で書いてあると思った。
待っていたひと、ごめんなさい!
世間知らずの田舎者と一瞥されたことかと。

福岡は少なくとも都会だと思う。
前述の件は置いといて、以前に比べ行列マナーは随分良くなった。

並ぶラインが明示されていたり、スタッフの誘導が貢献している。
自動改札も同様だが、トラブルも見掛ける。
何らかの原因でゲートが閉まったとき、解除まで待てないのだろうか。
周りに無頓着なため何かやってた・・・
まずはごめんなさい、だろ。

サービス提供側の改善余地も残ることも。
博多駅前のバス停は多くの人が乗り込む。
バスが着くと四方から殺到する感じだ。
隣のバスターミナルと違い、行き先別に乗り場を細分化できないのが要因か。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です