ときにはネット速度測定、ボトルネックは何処?(2017-06)


ときにはネット速度測定してみる

近頃、自分のブログやミニサイトのレスポンスが悪いと思う事がたびたび。
サーバー引っ越しを思案していた。
面倒な作業が必須だが、その前に簡単に出来る同じサーバーのまま別の契約プランをお試し中だ。
サイトを構成するWordpressのプログラミング言語PHPをCGI版からモジュール版に変更している。
同時アクセス数の増加に効果ありだとか。
PV(ページ閲覧)数が少なければその効果を実感するに至らないはずか。

共有サーバーだからヘビーユーザーがグループ内にいたら、ピーク時には目に見えてレスポンスが落ちることになろう。

そもそも、インターネット回線の速度はどうなの。
先日の夜の9時過ぎだったが、レスポンスの悪さが気になり出した。
速度測定iPhoneアプリ(SPEED TEST及びRBB SPEED TEST)で試してみた。
自宅WiFi経由、下り速度の低さ(約1Mbps)に驚いた。
レンタルサーバーだけの問題ではないようだ。

インターネットに出なけりゃ速いのに

同じ時間帯にフレッツ光ネクスト隼(最大概ね1Gbps上り下り)のホームゲートウエイに有線LANで接続しているPCで測定してみる。
iPhoneアプリの速度測定結果は二桁違う。
フレッツ速度測定サイトはフレッツ網の中にあるためインターネット区間を含まない。
また、iPhoneとWiFiアクセスポイントまでの無線区間も含まない。
速度補償ではなく最善の努力をするベストエフォートなのでグループ内にヘビーユーザーがいると遅くなるのは当然だ。

ボトルネックは至る所に。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です