NHK杯佐賀県大会(2017)決勝戦と夏の大会シード


更新:2017-06-06

スナップ:鳥栖高校(vs杵島商業)

NHK杯高校野球佐賀県大会(2017)は明日(06/06)の決勝戦を残すのみとなった。
伊万里農林と唐津商業の対戦となる。
話題になるのは夏の大会のシード権はどうなるか、だろう。
今大会と秋季大会及び春季大会のベスト4以上の成績を残したチームに夏の大会のシードポイントが与えられる。
※優勝チームに15ポイント、準優勝チームに8ポイント、4強のチームに5ポイント

今回は上記決勝戦進出の両チームの他、早稲田佐賀と敬徳が対象だ。
秋季大会及び春季大会のベスト4以上の成績だったチームは全て敗退したことで明日の結果が気になる。

大会前のポイントは
30 佐賀北
13 佐賀学園、佐賀商
5 神埼清明、鳥栖工
だった。
準決勝の結果で
5 敬徳、早稲田佐賀
が加わった。

シード枠は4つ。
佐賀北は第1シードが確定している。
伊万里農林と唐津商のどちらか優勝チームが15ポイントで第2シードとなる。
準優勝チームは8ポイントで佐賀学園、佐賀商に及ばない。
13ポイントの両チームが第3と第4シードに入る。

明日の決勝戦の結果次第。
関係者にとって大きな関心事であろう。
トーナメントを勝ち抜くことの大変さを改めて感じる。

追記(2017-06-06)

06/06(水)の決勝戦の結果は
伊万里農林 vs 唐津商 → 3 – 10
で、唐津商業の優勝。

第99回全国高校野球佐賀大会シード校は
第1シード:佐賀北
第2シード:唐津商
第3シード/第4シードは同ポイントの佐賀学園と佐賀商による抽選にて決定する見通し

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です