防犯カメラ、公の場の必須アイテムに


街中では防犯カメラの類を多く見掛けるようになった。
最寄り駅前にも設置されている。
イメージ戦略上安全カメラと呼ぶ商業施設もあるようだ。
車両向けのオービス、Nシステムはもちろん、住宅のカメラ付きインターフォンの記録が刑事ドラマには当たり前に登場する昨今だ。
事件の解明はもちろん、犯罪抑止に役立っているはず。
海外の多発するテロのニュース映像は防犯カメラのものだろうか。
それらを目にすることも多くなった。

公の場には必須アイテムと言える。
先日、首都圏では山手線車両に防犯カメラが整備される計画がニュースリリースされた。
他の路線も逐次整備されるようだ。
犯罪抑止や冤罪の防止に効果があるだろう。
可視化は映像関連技術の向上と時代の流れで今後ますます普及する見込み。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です