シンクからゴボゴボ音がする(2017-06)


シンクからボコボコと音がする

近頃、シンクからゴボゴボ(ボコボコ?)と音がするのが気になっていた。
水周りのトラブルは素人にとって難しいことが多い。
トイレなど水を一気に流す時に発生する現象のようだ。
普通に排水する場合は問題ない。
排水菅の点検口で確認するも詰まっている様子はない。
シンクの出口には生ゴミなどが排水口へ流れないように穴の空いた蓋が付いている。
更に、その下に鍋を逆さにしたような蓋がある。
これを外すと、真ん中が排水管へ伸びており、周囲にドーナツ状に水が溜まっていた。
この水を「封水」と呼ぶことは後に知った。
上記の逆さ鍋と「封水」で「トラップ」という臭いなどの逆流を防ぐ仕組みを形成していることが想像できる。
ゴホゴボ音はここから発生しているようだ。

気付いた意外な原因

どうしたものかとGoogle先生に頼ろうかと観察していて原因らしきものに気付いた。
同じ解決策を書いた記事が見当たらないのでWebログとしてメモメモ。
件の逆さ鍋は時々外して掃除している。
良く観察すると「閉←→開」の刻印がある。
掃除の後は置いていただけだったのだ。
閉めないとダメ?のようだ。
浮いているため、トラップ内に空気が入り込むのが原因だろう。
ドヤ顔で説明すると、家族からは当然閉めているとの反応。
根本原因は私にあった。

やってはいけないこと

以前、やっちまった話である。
シンクの下を覗くとトラップ部に排水管が繋がって床下へ伸びている。
なぜそうしようと思ったかは忘れたが、シンクとトラツプ部を繋ぐリング状のネジ(大きなナットと呼ぶべき形だ)を外したことがある。
さあ 〜 大変!
元に戻せない。
メーカーさんへヘルプである。
「専用の工具がないと無理ですね」
派遣料や技術料をお支払いすることに・・・

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です