重宝するファイル変換ソフト(2017-09)



https://www.nchsoftware.com/jp/

動画ファイルが開けない

動画、音声、画像ファイルを開けなくて困ることがある。
再生するソフトウェアやOSを変えてみたら何の問題もなかったりする。

受け取ったファイル再生ならそれで充分だ。
送り手になった場合は事情が異なる。
相手の環境を考慮しなくてはならない。
国内は比較的iPhoneユーザーが多いが、PCはWindowsユーザーが圧倒的だ。

Mac iMovieで作ったムービーをWindows Media Playerで再生したら不具合があった。
これまでは経験したことがない。
iMovieの出力するファイルはデフォルトがMP4のようで、ググるとファイルフォーマットを選択できる解説も見かけた。
しかし、そのオプションが見つからない・・・
仕様変更だろうか、コーデックも選べない?
急きょ、問題なく再生できるiOS端末を接続してみたが最終的な解決策ではない。

配布はファイルフォーマットを考慮

これまで動画の共有にはYouTubeを利用していたので気にしたことはなかった。
メディアで配布する場合は幾つかのファイルフォーマットを準備しなくてはならないなあ。

ファイル変換ソフトを探してみよう。
検索して上位に表示されるソフトに付いたコメントや評価を見るとよろしくない。
有料版をダウンロードしたが、ライセンスキーが届かないなど。
それって詐欺じゃない!
あやしい日本語には注意しなくては。

使えそうなファイル変換ソフト

使ってみなくては評価もできない。
上記リンク先の会社が作っている動画ファイル変換ソフトPrismの無料版のMac版/Windows版を試してみた。
本社はオーストラリアのようだ。
書かれている日本語に違和感はない。
Mac iMovieで出力した問題のMP4ファイルをWindowsで良く使っているWMVファイルとAVIファイルに変換しみた。
Mac版/Windows版ともにWindows Media Playerで問題なく再生できるファイルが生成された。
コーディックを選択するオプション等、日頃から使っておかねば。
当面は無料版で充分だ。

音声や画像ファイルの変換ソフトも揃っているようなので検証してみよう。
使い慣れていないと困るからね。
PDFファイルをJPGファイルにしたいケースもたびたび。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です