何に投資するか?いつかは小金持ち(2017-09)



(野村證券)

明日(09/28)召集される臨時国会の冒頭で衆議院は解散されるようだ。
勝算ありと見てのことだろうが、「選挙は勝つと負けるでは雲泥の差」とは容易に想像できる。
国民に信を問う大義は消費税増税に絡む税の使い道について、国の借金返済を棚上げして子育て世代に投資するとしている。
どちらも大事なことに違いない。
国民から税金として預かった大切なお金である。
効果的な投資に向けて頂きたいものだ。

話が大き過ぎて掴みどころが・・・
身近な「投資」の話としよう。
2014年から始まったNISA(ニーサ、少額投資非課税制度)を利用している人も多かろう。
税金が免除されるとして、預貯金を株などの投資へ誘導するものだ。
巷の小金持ちは銀行窓口でお薦めの投資信託などを購入だろうか。
恐らく販売手数料の高い商品がお薦めとなる。
メリットだけがコマーシャルされるが、NISA(ニーサ)のデメリットを知らないと大損するかも。
2014年に購入した商品は5年以内、つまり来年(2018年)末までの利益に対する税金が免除される訳だ。
気になったので調べてみたら分かり易い記事があった。

NISA(ニーサ)とは?株初心者が知るべきメリットとデメリット

値上がりし続ける金融商品なら(そんなものあるなら知りたい)期間の最後に売却すればパッピーだ。
だが、損失を抱えたまま放置すると・・・

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です