画像の保存先は時代と共に(2017-10)


写真の保存先

写真をディスク・メディアに保存しなくなった。
以前は永久保存先は円盤と思い込んでいた。
写真の数が多すぎて書き込み時間やメディアの管理が現実的でない。
やってる人がいたら尊敬する。

最近はNAS-HDDとクラウドサービス(FlickrやGoogle Photos)を使用している。
クラウドは共有に好都合だ。
Googleは検索がお手のもの、保存だけでは無意味だ。

値段が安くなったHDDは有難いが、壊れるリスクは皆無ではない。
クラウドサービスも永久とは言えないけど。

ビデオカメラの録画保存

ビデオカメラ(AVCHD)で撮った動画も基本的には同じ。
そのファイル形式(.m2ts)は高圧縮率で保存には好都合だ。
もちろん、対応ソフトで再生もできる。
別途、AVCHDカメラの画像はブルーレイレコーダーに取り込み、BD-Rに焼いている。
常々気になっているが、BD-Rは録画機器以外での再生ができない等、互換性に不安があるしメディアがキズに弱い。更にメディアが高価とくる。
将来消滅する規格?となるのだろうか。
記録容量が少ない弱点を除けば、互換性や耐久性から残りそうなDVD-Rにシフトしようか迷う。

AVCHD規格以前のビデオカメラ

AVCHD規格以前のビデオカメラの録画は
○専用の機器を接続して直接DVD-Rに焼く
○DVDレコーダーに取り込み簡易編集してDVD-Rへ書き出す
で、DVD-Rに保存している。

それをNAS-HDDへ保存するためのリッピング作業はかなり面倒だった。
PCで編集するための必要な作業だが工夫しなくては。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です