気になるアマゾンの「あれクサ」(2017-11)



(アマゾン)

人工知能AI(artificial intelligence)を身近に感じるようになった。
最近頻繁にテレビCMで流れる(人工知能AIのGoogle Assistantを搭載した)Google Homeを代表例としたAIスピーカーが続々と国内販売される。
日頃、自分が利用するサービスと馴染みのある製品の方がお得感があるだろう。

明日(11/15)はアマゾンから人工知能AIのAlexa(アレクサ)を搭載したAmazon Echoの国内での発売日となっている。

当初は招待メールが届いて購入希望をリクエストした人のみが購入できるらしい。
プライム会員には4,000円オフで購入できる旨のお知らせが届いた。
思わず購入希望リクエストを送ってしまった。
もちろん購入しなくても良いけど。

Amazon Echoは米国内でシェア7割らしい。
ただし、質問に応答できた割合や応答が正しかった割合はダントツでGoogle Homeだとの検証結果もある。

ところで、Amazon Echoへの呼びかけは「Alexa(アレクサ)」で始める。
個人的にはこの「○○クサ」が非常に気になるのだ。
九州のある地域の方言だが、語尾にこの言葉を付ける。
「あれ」のことを「あれクサ」と・・・
意図せずAmazon Echoが応答するだろうか。

スポンサーリンク