あなたは現金払い派?それとも(2017-11)


キャッシュレスは大昔に回帰?

お金(通貨・貨幣)の発明が無かったら、今も物々交換だろうか。
大変だろうなあ。

今の時代は電子マネーやカードが普及しており瞬時に電子決済されてしまう。
殆ど現金を持ち歩かなくても不自由しない。
自分の生活パターンに合っているので馴染んでいる。
楽天陣営になった老舗のEdyをよく利用する。
異常に大きかったシャリ〜ン音は穏やかになった。
しかし、みっともないと注意されるので意識的に少しは現金を持つように心掛けている。
確かに週末の近所での買い物には現金のみのところは多い。

ポイント付与と小銭管理

電子マネーやカードで決済する理由としてポイント付与がある。
やり方によっては二重三重にゲットできる。
ポイントに執着する人をポインターと呼ぶかは知らない。
私もそのひとりかな。
猟犬や物指しのことをそう言うような・・・

他の理由としては小銭の管理が面倒だからね。
お釣りを貰ってもお札は数えるけど硬貨は数えない。
最近のポスレジって硬貨のお釣りも自動で出てくるので間違いないだろ。
百円硬貨まではザッと確認しているかな。
そんな訳で面倒なのだ。

その場で確認

商法ではレシート(法律用語で何と言うかは忘れた)を必ず渡す決まりだったと記憶している。
観察していると、レシートを受け取らない人が多いのに驚く。
ポスレジは誤動作しなくても、人は入力ミスするし、バーコードデータの設定誤りもある。
電子決済端末へ金額を再度手入力しているのに決済金額を確認せずにカード等をかざしてない?

アプリで簡単に記録と照合

財布の中がレシートだらけとは誰かの嘆き。
お金の出入りを記録する事は大切だ。
そんなときはスマホアプリMoneyForwardを重宝している。
銀行・証券・クレジット・電子マネー・ポイントなど紐付けできるサイトが豊富にある。
レシートはカメラ読み取りや手入力したら処理済み箱へ、保存の必要がないものはゴミ箱へ。
紐付けサイトから得たデータとの照合も簡単。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です