年末はセ・クライマックス(2017)で対戦の緒方孝市監督と濱口遥大選手を祝おう


今年(2017)のプロ野球セ・リーグのクライマックスシリーズ・ファイナルステージはリーグ優勝でアドバンテージひとつの広島と同三位のDeNAが対戦した。
シリーズを制して日本シリーズへ進出したのはDeNAだった。

リーグ優勝二連覇を達成した広島の緒方孝市監督は鳥栖高校野球部OBで、今週末は母校関係者の実行委員会が祝賀会を開催する。
昨年に引き続き同会の運営をお手伝いさせて頂く幸運に恵まれた。

一方、セ・リーグ新人特別賞と日本シリーズ・優秀選手賞の濱口遥大選手は少年野球・基肄城タイガース(解散後の継承チームは基肄城バッファローズ)と基山中野球部のOBだ。
その栄誉称え、大晦日(12/31)には基山町の町民栄誉賞の授与式が開催される。
町民会館大ホールにて11:30からだ。
それに先立ち、町内少年野球3チームと基山中野球部への指導もあるようだ。

行かねば。
ご縁に感謝したい。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です