アマゾンのチャットオペレーターは同時に何人を相手にしている?(2017-12)


消費者庁はアマゾンジャパンに対し、景品表示法違反(有利誤認)で、再発防止を求める措置命令を出したと報道された。
参考価格ってメーカー小売希望価格じゃなかったんだ。
二重価格表示と言われても仕方ないね。

個人的にはアマゾンを良く利用する方だと思うが、ある程度の値段の商品は楽天やヤフー等と比較するようにしている。
しかし、急ぐ場合は値段よりプライム対象で直ぐ届くか否かで判断するかな。

ところで、使った事がないAmazonパントリーについて問い合わせることにした。
食品・日用品など毎日使うものを必要な分だけ買える、Amazonプライム会員向けのサービスらしい。
結果、分かった事は手数料有りのパントリー対象商品はそれ専用だそうだ。
それひとつが欲しいのに・・・

以前、Kindleオーナーライブラリーの問い合わせで快適だったチャットを使ってみた。
幸いキーボードタイピングは苦にならないし、チャットは一対一で会話しているような感覚だったからだ。

今回は勝手が違う。
応答が非常に遅〜い。
タイピングしてます、の状態が延々と続く。
表示された返事は一行のみ。
まさか人差し指ひとつで打ってるのではなかろう。
察するに3〜4人を相手にしているのでは?
チャットの待ち時間はいつも1分未満と表示されてるようだ。
オペレーターへドンドン繋ぐのだろうか。

二重価格表示と共通するものがありそうな気配。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です