基山町でも成人式(2018)、おめでとう


成人の日よりひとあし早く、日曜日(01/07)は地元の成人式だった。
初めて一般席で参加させてもらった。
会場へ送り届けるだけの予定だったが・・・
今年は昨年より一般席が埋まっていたと聞いた。
2つの小学校校区別の記念撮影で終了、約一時間。
良く見ると、両方の記念撮影に顔を出している新成人もいる。

式典の準備や運営は実行委員会の新成人が主体的に関わっていたようだ。
主役は彼ら彼女ら、頼もしい限り。
年末に町民栄誉賞を授与された横浜DeNAベイスターズ・濱口遥大選手から新成人へのビデオメッセージも披露された。

今後の民法改正により18歳で成人の流れとなろう。
20歳のこの時期、同窓会の意味合いのあるこの式典はどうなるやら。

晴れ着の用意や着付けは何年も前から準備する。
高校生の頃からDMや電話はもちろん、色々な仕掛けで顧客獲得へのアプローチがなされてきた。
決めたら粛々とスケジュールどおりに。
式典翌日にはレンタル店舗へ無事返却してルーティーン終了した。

とんでもない詐欺事件が起きた。
昨日(01/08)の成人の日、多くの新成人が予約金を支払っていた振り袖販売やレンタルを手掛ける業者「はれのひ」が突如行方不明になった、というもの。
詳細は今後の報道を待つことになるが、その時間は戻らない。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です