活用したいドライブレコーダー映像だが


ドライブレコーダー(以後、ドラレコ)を付けて半年になる。
あおり運転絡みの事故が契機となって防衛目的でドラレコを設置する人が増えた。
動画共有サイトに同様なドラレコ映像の投稿が多数みられる。

一時期はカーショップなど品薄状態だったようだ。
アマゾンなどネット通販で簡単に購入できるが取り付け作業のハードルがあるからだろう。

なお、取り付けてお仕舞いではない。
正常に録画できるか定期的な確認が必要だ。
記録媒体のSDカード等は基本的に消耗品。
衝撃記録録画が上書き禁止となり空き容量がない状態かも知れない。

そのチェックも兼ねて動画編集の練習用素材に使ってみた。
面白い?(信号無視など違反行為)映像が良かろう。
自分の記憶している映像と違う事に気付く。
ドラレコのカメラの向きが人の見た方向と異なるからだ。

グーグルグラスが普及しなかった話は記憶に新しい。
プライバシー上で敬遠されたようだ。
身に着けるタイプでもアクションカメラと呼ぶスポーツやバイクで使用するタイプは普及している。

米国の警察官がヘルメットにカメラを付けて事件対応している姿をテレビで観た。
証拠記録の意味なのか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です