Mac OSのマイナーアップデートでBootCampが起動しなくなった


先日、Macのソフトウェア・アップデートでiTunesの更新通知があった。
先へ進むとMac OS High Sierra 10.13.3への更新を促された。
セキュリティ・アップデートか、と気に留めることなく続行。
Macは問題なく動いているようなので作業完了した。

ところが、だ。
後日、MacからBootCamp(Windows 10)を選んで再起動したら・・・

大変だ。
“No bootable device — insert boot disk and press any key -“と怒られた。
朝の急いでいる時に参った。
「option」キーを押しながら電源を入れてみると、起動ディスク選択画面は呼び出せた。
Windowsを選んでWindows 10が起動することを確認する。
更に、Windows 10を再起動したら、”No bootable device”とまた起こられる。
Windows 10から「OS Xを起動する」と大丈夫のようだ。
マルチブートでBootCamp起動を指定する辺りに不具合があるのかな。
帰ってから考えよう。

OSを再インストールにするか迷った。
Time Machineでひとつ前の10.13.2へ戻すことにする。
「Command + R」キーを押しながら起動、「OS X ユーティリティ」を呼び出してTime Machineのバックアップを確認する。
ソフトウェアアップデート履歴と比較して復元する日時のものを選択した。

Macintosh HDはMac OS High Sierra 10.13.2へ戻った。
BootCampも問題なく動作している。
マイナーアップデート後の動作確認は必須と肝に銘ずる。

ここで気付いた。
復旧ディスクは10.13.3のままだ。
当然か。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です